初めての方はここを見てね

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.04.19 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

初めての方はここを見てね

マロン:先生・・・鬼ですよ・・・

 こんばんわ〜!!

もう、夏休み入りましたね!

皆さんいかがお過ごしですか?

私は受験生なのに課題4つあるから大変w

しかも、範囲が多すぎてやばすっww

だってね、普通受験生って受験があるから課題ないって副担任の先生が言ってたから

夏休み明けの課題テストないんだ〜って友達と喜んでいたのにだされたっというねww

先生に嘘つかれましたwww

取り敢えず、課題テストが国語で漢字なんだけどね!

漢字が820個もあるんだよ><

おいおい^^;そんなに覚えられるかよ^^;

7月31日から学校とか会社見学とかあるのにさぁ〜><

先生鬼だよ〜〜〜><

んで、課題はその漢字の教科書みたいな奴をなぞって、

商品と流通、ビジネス基礎は3ページの単語と説明文をノートに写せ!?

就職基礎ドリル3ページノートにやってこい!?

なんなんだこの課題はwww

どう考えても受験生に対して鬼だよ鬼ww

取り敢えず、漢字と商品と流通はなんとか終わらせた^^;

もう〜嫌になるwww

初めての方はここを見てね

やりました!←

ども、時音サイでっすw
久しぶりですw

本日、こんなのを投稿いたしましたw



ニコニコ動画


コノハの世界事情 UTAUカバーですw
絵はまたまたミクねぎさんに描いてもらいましたw
んでもって、サビ部分のコーラスを誰がやっているかわかるかな?みたいな感じになってますw


そして、カゲロウデイズの小説、読み終わりましたよw
マリーとモモが可愛いw
あと、キドとシンタローがかっこいいww
続きがすごく楽しみだわww


確か、今月の20日に初音ミクの消失の小説が出ますよねw
暗い森のサーカスもw
早く読んでみたいw
囚人も悪ノも読んだから、早く読みたいw

初めての方はここを見てね

マロン:取り敢えず

 こんにちわ〜(^^♪

お久しぶりです!!

やっぱ、高3の受験は中3の受験とは全く違って大変です><

取り敢えず、期末テスト終わって就職の見学先を決めたので

ひとまずホッとしています!!

でも、火曜から面接練習とか色々ある〜〜><

受験受かるといいな〜><

夏休みが勝負だから宿題を早めに終わらせて

受験と文化祭に向けてダンス練習を頑張って

遊べるときに遊ぶ!!

それが夏休みの目標ですなw

初めての方はここを見てね

130回目の投稿ですよwww

 こんばんわ〜!!

マロンです!!

私も、サイさんと同じ受験生ですw

でも、まだ進路決まっていませんwwはいb

私は、小5からの夢を叶えようっと親に必死にお願いをしているところですw

ん?うちの夢は何って?w

トリマーですよ(^^♪

トリマーってわかるかな?

トリマーっていうのは犬の毛をカットすることなんですよ(^^♪

はいbこれが小5からの夢でございますw


進路も毎日迷っているうちに来週から期末1週間前になりますΣ(゚д゚lll)

3年になってから小テストが多く、授業中眠くなることが多く、

文化祭のダンスと歌の練習をする毎日を送っていますw

本当に日が経つのが早いわぁ〜ww

しかも、うち、高校卒業したら東京に住むから

寂しい気持ちになるわぁ〜!!

初めての方はここを見てね

ふにゃーん( ̄Д ̄)ノ

あー、やっと進路決まったよ(´・ω・`)
なので今日オープンキャンパス行ってきますた(`・ω・´)

大学って広くていいね・・・w


ちなみに私が行くところは音楽関係の学校なのだw
作曲してみたいからそこにしたw




高校生活も頑張らなきゃだね!w
体育祭も合唱祭も終わって、次の行事は球技大会と文化祭だぁーw
高校最後の行事、楽しみw


みんなも学校生活楽しもーぜ(-^〇^-)


んじゃ、ばいちゃーばいばい


初めての方はここを見てね

マロン:お久しぶりです!

 こんばんわ〜(#^.^#)

いや〜><

私、高3になったんですけど3年って思ったより大変です^^;

進路で悩んだり、小テストが多いから勉強したりの

毎日の生活が当たり前になってきました><

普段勉強することなんて考えたこともなかったし、

中学の時高校決めるのも苦労しなかったので、まさかここでかなり悩むとはww

はいw思ってもいませんでしたww

高校は推薦みたいな形で入ったものだったからねw

ちゃんと、作文と面接は受けたよw

今になっては専門に多分行けるんだけど先生が教えてくれたところにしようか

他のところにしようか迷ってる><

んで、んでさぁ〜、なんか月日経つのが早いよ><

来年から東京に引っ越す私は千葉にいられるのがあと7ヶ月ぐらい><

3学期とかほぼ学校いかないから今友達といる時間を大切にしています!

学生の皆さんも友達といる時間を大切にしてくださいね^^

初めての方はここを見てね

久しぶりの小説w

余命後一年―――
そう、医者に告げられた。
それを聞いた少女は泣いた。少年は俯き黙っていた。
外は雪が降っている。寒い寒い、冬。
残された時間は後一年。
悲しい双子の物語―――


私、鏡音鈴はいつものようにベッドの中にいた。誰に聴かせるでもなく、歌を口ずさむ。
「〜♪」
私の夢は歌手になることだった。
だった。そう、それは過去のこと。今では叶うことすらない、私の夢。
私の命はあと一年。もう、外に出ることさえ許されなくなっていた。
だけど、私は外に出たい。
あの、白くて綺麗な雪に覆われた世界に行きたい。
コンコン。
誰かが私の部屋の扉をノックする。
「鈴、起きてる?」
「うん、起きてるよ、蓮」
「そっか。・・・・・・入るよ?」
私が答える前に、彼―――私の双子の弟の鏡音蓮―――は部屋に入ってきた。
「相変わらず歌が好きなんだね、鈴は」
「ふえっ!?き、聴こえてたのっ!?」
「バッチリ」
顔が一気に熱くなる。は・・・・・・恥ずかしい・・・・・・。
「別にいいじゃん。僕ら以外、誰もいないんだからさ」
「そぉだけどぉ・・・・・・」
恥ずかしすぎて、顔半分を布団で隠す。
普段蓮に歌を聴かれても気にすることは無かった。なのに、なんでだろ・・・・・・?
「ねぇ、蓮・・・・・・」
「ん?」
「・・・・・・私がさ、その・・・・・・死んじゃったらさ、蓮は―――」
「やめろよ、その話はっっっ!!!」
蓮が叫ぶ。私が何も言えずに彼を見ていると、
「あ・・・・・・ゴメン・・・・・・」
「私こそ、ゴメン・・・・・・」
お互い謝罪の言葉を口にし、部屋の中は沈黙に満ちた。
私、またやっちゃった・・・・・・。
蓮と顔を合わせるのが嫌で、私は窓の外を見る。
外は白一色の世界。
止むことなく、振り続ける雪。
・・・・・・ねぇ神様。私のわがままを聞いて。一度だけでいいから、この雪を・・・・・・振り続ける雪を止めて。
お願い、神様―――
「もしも・・・・・・」
「・・・・・・」
「もしも、この雪が止んだらさ、外に行こ?」
こんなこと、言っても無駄だと思った。また彼に、怒られるかと思った。
けど、私の想像と違う言葉が聞こえた。
「わかった。雪が止んだら外に出よう」
「・・・・・・いいの?」
「うん。ただし、一度だけだからな」
「ありがとう、蓮」
いつの間にか私たちは笑い合っていた。さっきの出来事がなかったかのように。
あぁ、早く止まないかなぁ・・・・・・。


一週間が経った。
あんなに降り続いていた雪が、今日に限って止んだ。
「三十七度、か。これじゃあ外に行くのは無理だな・・・・・・」
「そんなぁー・・・・・・」
前日の夜、しかも真夜中に、私は熱を出した。
朝になっても熱が下がらず、部屋の中にいた。
「せっかく雪が止んだのにぃ・・・・・・はぁ〜」
「仕方ないだろ?」
「うぅ〜」
外に行きたい。蓮と雪合戦をしたい。
そんな私の願いはいつになるのやら・・・・・・。


また一週間が過ぎた。
そういえば、もうすぐ私たちの誕生日だっけ。
その日くらいは晴れて欲しい。
熱も、出ないで欲しい。
「暇ぁ〜・・・・・・。なんで降ってる時に熱が下がっちゃうのよぉ〜」
「そんなこと言われても・・・・・・」
「蓮、何か弾いてよ」
「え?今?」
「うん」
「いいけど・・・・・・ちょっと待ってて」
蓮が部屋を出る。
小さい頃、二人で約束をしたことがあった。
大きくなったら、一緒に夢を叶えよう、と。
私は歌手、蓮はヴァイオリニストに。
その日から私は毎日歌を歌うようになった。
蓮は両親に頼んでヴァイオリンを買ってもらった。
時々私は蓮のヴァイオリンに合わせて歌うこともあった。
けれど。両親の突然の死、私の余命宣告。この二つの出来事があったせいで、夢を追うことを諦めてしまった。
それでも私は歌い続けた。
たとえ、夢は叶わないとしても。
「お待たせ、鈴」
蓮が戻ってきた。ヴァイオリンを持って。
「で。何が聴きたいの?」
「えーっとぉ・・・・・・」
「まさか、決めてなかった、とか?」
ぎくっ。
図星だった。
正直、蓮がどんな曲を弾けるのか、全く知らない。
さて、どうしよう・・・・・・。
「仕方ないなぁー・・・・・・」
蓮は呆れて溜息を吐き、曲を弾き始めた。
あれ・・・・・・?この曲って・・・・・・。
優しくて、でも、どこか切ない曲・・・・・・。
確かこの曲は、昔二人で作った曲だ。蓮が曲を作り、私が歌詞を考えて・・・・・・。結局、一番しか出来上がらなかったけど。
「・・・・・・悲しい歌にはしたくないよ・・・・・・。ねぇ、お願い今この時だけは・・・・・・」
ヴァイオリンの音に合わせて口ずさむ。
「笑っていたいよ・・・・・・あなたの横で・・・・・・、優しい歌を、歌っていたい・・・・・・」
私の歌が部屋中に響き渡る。
ヴァイオリンの音色と共に―――


十二月二十七日。
今日は私たち双子の誕生日。
そして、私の願いが叶った日。
「やったぁっ!!やっと外で遊べるぅ〜!!」
「あんまりはしゃいでると転ぶよ?」
「大丈夫、大丈夫っ!!・・・・・・きゃぅ!?」
「鈴っ!?」
雪に足を取られ、転んだ。うぅ・・・・・・痛い・・・・・・。だけど、なんだか気持ちいい・・・・・・。
「もう、言ったそばから転ぶなんて・・・・・・。鈴はドジだなぁ」
蓮が呆れたように笑いながら手を差し伸べてきた。
だが、私はその手を掴まず、地面の上に積もる雪をできるだけ多く掴み取り、そのまま蓮へと投げつけた。
「うわぁっ!?」
「私はドジじゃないもん!べーっだ」
舌を出し、私は走り出す。今度は転ばないように気をつけながら。
「やったなぁ〜?そりゃっ!!」
「にゃあっ!?」
後ろから蓮が雪玉を投げ、私に当たる。
冷たい・・・・・・。
「えいっ!!」
「それっ!!」
お互いに雪玉を投げ、ぶつけ合う。
これが雪合戦、か。・・・・・・うん、やっぱり楽しいや。
歌手になる夢は叶わなかったけれども、もうひとつの夢は叶ったよ・・・・・・。それはね―――


蓮と一緒に外で遊ぶこと。


だから、もう思い残すことはない。
「もう一発・・・・・・。鈴?」
目の前が霞む。
そうか・・・・・・もう、終わりなんだ・・・・・・。
予定よりもかなり早い、けど・・・・・・。
「―――んっ!!」
あぁ・・・・・・蓮が呼んでる・・・・・・。
「・・・・・・悲しい、歌にはしたく・・・・・・ないよ・・・・・・。ねぇ・・・・・・お願い、今・・・・・・この時だ、けは・・・・・・」
私は歌う。この想いを、彼に届けるために。
「歌って・・・・・・い、たいよ・・・・・・あなたの、横・・・・・・で。優しい、歌を・・・・・・歌って、いたい・・・・・・」
まだ、終わらないで・・・・・・。
「あな、たに捧げ・・・・・・たい・・・・・・、惜別の、歌・・・・・・。最―――」
「鈴っ!!」
私の体を蓮が抱き上げる。私は少しだけ目を開ける。
「れ・・・・・・ん・・・・・・?」
視界は真っ白で、何も見えない。目の前にいるだろう、彼の表情も、見ることが出来ない。
「鈴・・・・・・逝かないでよ・・・・・・僕を、置いてかないでよ・・・・・・っ」
泣いてるの?蓮・・・・・・。
そう言おうとして、やめた。
なぜなら、私の頬に彼の涙が落ちてきたから。
「ねぇ、蓮・・・・・・泣かないで?」


生きたい。


「死なないでよ・・・・・・っ!」


死にたくない。
でもね、もう、無理だから。
寒いよ・・・・・・。苦しいよ・・・・・・。
ごめんね、蓮・・・・・・。
最後に、伝えたい。
こんな私と一緒にいてくれたあなたへ。
蓮、今まで、


「ありがとう・・・・・・」


最後の一言。小さくて、掠れた声。
ちゃんと、届いたかなぁ・・・・・・?


―――愛してる、鈴。


そんな声が、聴こえた気がした。
私も、蓮の事、大好きだよ・・・・・・。


体中の力が抜ける。
感覚もなくなる。
そっか・・・・・・これが「死」なんだね・・・・・・。


さよなら、蓮―――


-fin-


初めての方はここを見てね

初☆オリ曲投稿!

こんちゃーw
お久しぶりっす(`・ω・´)

つい最近ニコ動に初めてオリ曲を投稿してみました!
・・・・・・曲はいい感じに出来上がってるのに、絵が・・・・・・orz
PCで描くのは苦手じゃ・・・・・・(;´Д`)


ニコニコ動画




っていうか、もう高校三年生になりました。
全然実感がないっていうw
受験とかめんどくせー(´・ω・`)←
でも、頑張らなきゃだよねw

そんじゃ、ばいちゃー(´ー`)/~~

初めての方はここを見てね

マロン:お久しぶりです!

 どうもですww

今年入学した方おめでとうございます(^^♪←遅かったねww

ってことで、うちも新しい学年になりましたw

ついに、高3になってしまいましたww

まじで学校行くとどこでも進路の話をされて嫌になりますねww

うち、進路の話をされるとすごい不安になってきてしまうのですよw

うちの進路は親が勝手に東京に引っ越しするって言いだすから

進学ができなくなってしまい、東京で就職を探すことになってしまいました・・・^^;

あぁ〜w親もいい加減にしてほしいぐらいだねww

さてさて、金曜に始業式も終わって今日から学校が新たにスタートしましたw

8月から名字も変わったので今日から新しい出席番号になって席も変わりましたw

前は前から4番だったのが前から2番目になってしまい、なんか席がかわったせい?で

空気も違うような気がしましたww

まぁ、ある意味落ち着きなかったねww

明日から授業が始まるーーーーー!!

頑張ります―w

初めての方はここを見てね

ちょっと頑張ってみた

いやぁ〜、歌うのって良いねw
特にお風呂とかで歌うのがw←


そんなわけで、たまたま家に私一人だけになった日があり、ちょいと頑張ってみましたw
http://koebu.com/koe/08f7495e1fb7340259fe457b1a91693e30b675dd


この曲、いいよね・・・。


そして、先日アキバに行ってきました!w
ブラックロックシューターの宣伝が建物に貼ってあった!wwww
んでもって、最近発売されたVanaN'Iceのメジャーアルバムを買ったぜw
解散してしまうのは悲しいけれど、アルバム、チョーよかった!
なにせ、レン君のソロ曲が入ってたっていうw
もちろん、カイトやがくぽのソロ曲もあったけどね(`・ω・´)

結果、アキバのメイトに行って、1万円は余裕で超えたぜ・・・←

で、最後にガンダムカフェに行ったっていうw
ハロがいたw
ハロが飾ってあった・・・!
あと、ビームサーベル型の傘とかw

すごい楽しかったお(`・ω・´)
今度は池袋に行きたいな・・・
あと、原宿にもww

それでは、また!



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
           

ぱっさぱさ親衛隊駄弁り所

1274875803.gif

バナー

Typenist(閉鎖しました)

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:593
最後に更新した日:2015/04/19

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM